THE THOR

THE THOR(ザ・トール)のHTML・XMLサイトマップ作成方法を解説!

悩める人

「THE THOR」を購入したけど、サイトマップはどうやって作成するの?

上記のような悩みにお答えします。

 

サイトマップと言えば、記事の一覧ページとなる読者向けのHTMLサイトマップと、検索エンジン向けのXMLサイトマップがあります。

XMLサイトマップの設置はブログ運営において必須で、HTMLサイトマップも設置しておくと、クローラーがサイト内を効率良く巡回してくれるので、SEO対策にもなります。

では、「THE THOR」のWordPressテーマを利用している場合、サイトマップはどのように作成できるのでしょうか?

本記事では「THE THOR」を使用してHTMLサイトマップ、XMLサイトマップを作成する方法をご紹介します。

 

 

THE THOR(ザ・トール)でHTML・XMLサイトマップを作成する方法は?

THE THOR(ザ・トール)でHTML・XMLサイトマップを作成する方法は?

WordPressにHTMLサイトマップとXMLサイトマップを作成するには、通常プラグインを利用します。

しかし、WordPressテーマによっては、サイトマップを標準機能として備えているテーマもあります。

 

では、「THE THOR」の場合、サイトマップはどう配置するのかと言うと、下記表の通りです。

  作成方法
HTMLサイトマップ 標準機能
XMLサイトマップ プラグイン

HTMLサイトマップを作成するには、他のWordPressテーマであれば「PS Auto Sitemap」のプラグインを使用するのが一般的です。

しかし、「THE THOR」は標準機能でHTMLサイトマップを作成できるので、プラグインの数を減らせます。

 

一方、XMLサイトマップについては標準機能で実装できないので、「Google XML Sitemaps」のプラグインを利用します。

有名なSEOプラグイン「All in One SEO Pack」でもXMLサイトマップは配置できますが、「THE THOR」に「All in One SEO Pack」のプラグインは不要です。

「Google XML Sitemaps」を利用し、設置するようにしましょう。

 

THE THOR(ザ・トール)でHTMLサイトマップを作成する手順

THE THOR(ザ・トール)でHTMLサイトマップを作成する手順

まず、「THE THOR」の標準機能を利用し、HTMLサイトマップを作成する方法をご紹介します。

作成の流れとしては、下記の通りです。

 

STEP1:HTMLサイトマップの初期設定をする

最初に、HTMLサイトマップの表示・非表示設定や、投稿・固定ページをどの記事まで表示するかなどの初期設定を行います。

WordPressのカスタマイズ画面から初期設定を行うので、ダッシュボードから「外観 > カスタマイズ」へ遷移します。

外観 > カスタマイズ

 

次に、カスタマイズ画面から「基本設定 > 自動生成サイトマップ」と進みます。

基本設定 > 自動生成サイトマップ

 

「自動生成サイトマップ設定」のカスタマイズ画面で、まず固定ページ・投稿ページ・カスタム投稿お知らせページをサイトマップの中に表示するか選択します。

サイトマップの表示・非表示設定

初期状態では全て非表示となっていますが、投稿ページについては必ず表示しましょう。

固定ページとカスタム投稿お知らせページについては、どちらでも問題ありません。

 

もし、個別に表示させたくない除外ページがあれば、ページIDを入力することで非表示にできます。

ページIDの入力画面

 

除外ページの設定例を見てみましょう。

下記はお問い合わせページとサイトマップページを表示したものです。

お問い合わせページとサイトマップページを表示

 

ですが、サイトマップのページにサイトマップのリンクは当然不要ですよね。

不要なページのIDは、固定ページ一覧画面の「ID」列から取得できます。

「ID」列

 

非表示にしたいページのIDをコピーし、「除外ページIDを入力」欄に入力しましょう。

「除外ページIDを入力」欄

 

その後「公開」ボタンをクリックし、サイトマップのページを確認しましょう。

除外したいページがリストから消えていれば、設定完了です。

除外したいページの削除

なお、カテゴリーごとの非表示設定についても、同じ流れとなります。

 

あとは見出しの名称も変更できますので、必要に応じて設定しましょう。

見出し名称の変更

 

STEP2:固定ページにHTMLサイトマップを設定する

初期設定が完了すれば、次にHTMLサイトマップと固定ページの紐付け設定を行います。

WordPressのダッシュボードから、「固定ページ > 新規追加」をクリックします。

固定ページ > 新規追加

 

固定ページの新規追加画面となるので、各項目の入力を行います。

固定ページの入力画面

項目 説明 入力・選択内容
①タイトル サイトマップの上部に表示されるタイトルです。 サイトマップ
②パーマリンク サイトマップのURLです。 sitemap
③ページ属性 テンプレートを選択します。 サイトマップTPL

上記内容で入力して問題ありません。

 

入力完了後、「プレビュー」ボタンからサイトマップに問題がないか、一度確認しましょう。

「プレビュー」ボタン

 

プレビューを確認した結果、サイトマップに問題がなければ、「公開」ボタンをクリックして完了です。

「公開」ボタン

 

STEP3:メニューにHTMLサイトマップを配置する

ここまででHTMLサイトマップのページ作成は完了しました。

あとはサイト内にHTMLサイトマップのリンクを配置する必要があるので、そのやり方を見ていきましょう。

HTMLサイトマップはヘッダーやサイドバーに配置するのではなく、フッターに配置するのが一番です。

その理由は、読者がHTMLサイトマップを利用する機会はあまりないので、ヘッダーやサイドバーには読まれやすいカテゴリー・人気記事などを配置したほうが良いからです。

フッターに配置しているだけでも、SEO効果が期待できます。

 

HTMLサイトマップをフッターに配置する方法ですが、WordPressのダッシュボードから「外観 > メニュー」をクリックします。

外観 > メニュー

 

メニュー画面にて、フッターエリアのメニューを選択します。

まだ作成していない方は、新たに作成しましょう。

フッターエリアのメニュー

 

次に、「メニュー項目を追加」画面の「固定ページ」を選択します。

すると、作成した「サイトマップ」のチェック項目が表示されますが、もし表示されなければ「すべて表示」タブをクリックします。

固定ページが全て表示されるので、「サイトマップ」の項目にチェックを入れ、「メニューに追加」をクリックしましょう。

「メニュー項目を追加」画面

 

「メニューに追加」をクリックすると、メニュー構造の中に「サイトマップ」が追加されます。

追加されるのを確認したら、画面右下の「メニューを保存」をクリックします。

メニュー構造

 

最後に自分のサイトを確認し、フッターにサイトマップのリンクが追加されているのを確認しましょう。

フッター

 

HTMLサイトマップの作成方法は以上となります。

 

THE THOR(ザ・トール)でXMLサイトマップを作成する手順

THE THOR(ザ・トール)でXMLサイトマップを作成する手順

次に、「THE THOR」のXMLサイトマップ作成方法を解説していきます。

先述の通り、「THE THOR」の標準機能でXMLサイトマップは作成できないので、「Google XML Sitemaps」の無料プラグインを利用し設置します。

XMLサイトマップの作成手順としては、下記の通りです。

 

STEP1:Google XML Sitemapsをインストールする

まず、「Google XML Sitemaps」のプラグインをインストールします。

WordPressのダッシュボードから、「プラグイン > 新規追加」をクリックします。

プラグイン > 新規追加

 

プラグインの検索欄があるので、「Google XML Sitemaps」と入力します。

プラグインの検索欄

 

「Google XML Sitemaps」のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」ボタンをクリックし、有効化します。

「Google XML Sitemaps」のプラグイン

 

プラグインのインストールは以上で完了です。

 

STEP2:Google XML Sitemapsの初期設定をする

プラグインのインストールが完了すれば、次に「Google XML Sitemaps」の初期設定を行っていきます。

WordPressのダッシュボードから、「設定 > XML-Sitemap」をクリックします。

設定 > XML-Sitemap

 

「Google XML Sitemaps」の設定画面に遷移するので、「Sitemap コンテンツ」の項目設定を行います。

ここでは、下記項目にチェックを入れましょう。

チェック項目

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • 固定ページを含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

Sitemap コンテンツ

 

他の項目は初期状態で問題ありません。

チェックが完了すれば、「設定を更新」ボタンを忘れずにクリックしておきましょう。

「設定を更新」ボタン

 

設定の更新が完了すれば、XMLサイトマップが正常に作成されているか確認します。

下記URLにドメイン名だけを変更し、アクセスしてください。

XMLサイトマップURL

https://ドメイン名/sitemap.xml

または

http://ドメイン名/sitemap.xml

 

アクセスした結果、下記のようなXMLサイトマップ画面が表示されるのを確認しましょう。

XMLサイトマップ画面

 

「Google XML Sitemaps」の初期設定は以上で完了です。

 

STEP3:Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録する

最後に、作成したXMLサイトマップを「Google Search Console」へ登録する必要があります。

Google Search Console」に遷移し、「サイトマップ」ボタンをクリックします。

「サイトマップ」ボタン

 

サイトマップのURLを入力できる画面となるので、「sitemap.xml」と入力し、「送信」ボタンをクリックします。

「sitemap.xml」と入力

 

送信した結果、ステータスが「成功しました」となっていれば、処理完了です。

ステータスが「成功しました」

場合によっては、「取得できませんでした」とエラーになることもあります。

その時は時間を置いて、再度XMLサイトマップの送信処理を行いましょう。

 

以上で「THE THOR」のXMLサイトマップ作成は完了です。

 

THE THOR(ザ・トール)でHTML・XMLサイトマップを作成する方法まとめ

「THE THOR」は2018年に発売されたWordPressテーマということもあり、標準で有用な機能が備わっています。

その一つが、HTMLサイトマップの作成機能ですね。

他のWordPressテーマであればプラグインの利用が必要であるところ、「THE THOR」ではプラグインなしでHTMLサイトマップページの作成が可能です。

手順も特に複雑ではなく、簡単に設置できるのがお分かり頂けたでしょう。

また、XMLサイトマップについてはプラグインを必要としますが、「Google XML Sitemaps」は非常に有名なプラグインで、導入もすぐに完了します。

HTML・XMLサイトマップは導入がほぼ必須と言っても良いので、ブログを立ち上げたら最初のうちに設定を行っておきましょう!
はらちゃん
 

-THE THOR

© 2020 アフィリエイトゼミ