THE THOR

THE THOR(ザ・トール)の絞り込み検索機能を設置する方法!シンプルだけど高性能!

悩める人

  • 「THE THOR」の絞り込み検索機能には、どのような特徴があるの?
  • 絞り込み検索フォームの設置方法が分からない。

このような悩みにお答えします。

 

「THE THOR」には、他のWordPressテーマでは見られない検索機能が備わっています。

それが絞り込み検索機能、もしくはスマート検索機能と呼ばれるものです。

標準で備わっている検索フォームの割には機能性が高く、また使い勝手も非常にシンプルです。

今回は「THE THOR」の絞り込み検索機能の詳細と設置方法について、解説していきます。

本記事を読み終えることで、あなたのサイトに高性能な検索フォームを設置でき、読者の利便性も高まるサイトに仕上げられます。

 

 

THE THOR(ザ・トール)の絞り込み検索機能とは?

まず、「THE THOR」の絞り込み検索とはどういった機能なのか、ご紹介します。

「THE THOR」に限らず、他のWordPressテーマであっても、検索機能は備わっています。

例えば、下記は当サイトで利用しているWordPressテーマ「AFFINGER5」の検索機能です。

「AFFINGER5」の検索機能

 

この検索フォームに、例えば「THE THOR」と入力し、検索した結果が下記の通りです。

「THE THOR」の検索結果

検索してみると、「AFFINGER5(アフィンガー5)会話吹き出しの使い方とCSSカスタマイズ方法」という検索したキーワードがタイトルに含まれていない記事もあがっています。

これは「THE THOR」のキーワードが本文中に含まれている場合でも、検索結果に表示される仕様のためです。

 

一方、「THE THOR」の絞り込み検索機能では、カテゴリーとタグを利用した検索も可能となっています。

例えば、下記のようなWordPressテーマの検索フォームを作成してみました。

WordPressテーマの検索フォーム

カテゴリー

  • THE THOR
  • AFFINGER5
  • STORK19
  • JIN
  • SANGO

タグ

  • アプデが多い
  • サポート制度が良い
  • 人気
  • 使いやすい
  • 初心者向け
  • 安い
  • 高性能

サイトの規模が大きくなってくると、読者は目的の記事を探すために検索機能を利用します。

カテゴリーとタグで検索できることにより、より詳細な条件指定が可能なので、読者が使いやすいサイトとなりますね。

 

THE THOR(ザ・トール)の絞り込み検索機能の初期設定方法

「THE THOR」の絞り込み検索機能を使用するにあたり、初期設定が必要になります。

必要な初期設定項目としては、下記の通りです。

 

なお、絞り込み検索機能の初期設定は、WordPressのカスタマイザーから行います。

メニュー位置ですが、WordPressのダッシュボードを立ち上げ、「外観 > カスタマイズ」をクリックします。

外観 > カスタマイズ

 

次に、WordPressのカスタマイザー画面から「基本設定 > 検索機能設定」と遷移します。

基本設定 > 検索機能設定

検索機能設定画面から、各項目の設定を行っていきます。

 

検索機能の検索対象設定

検索機能の検索対象設定

「検索機能の検索対象設定」の項目では、検索対象となるページを下記3つのパターンから選択可能です。

3つの検索対象パターン

  1. 投稿ページのみ
  2. 固定ページのみ
  3. 投稿・固定ページ両方

私は固定ページに問い合わせフォームやプロフィール、プライバシーポリシーのページしか配置しないことが多いので、「投稿ページのみ」としています。

しかし、固定ページにもコンテンツを配置している方もおられるでしょう。

検索対象パターンはご自身のサイトに合わせ、選択してください。

 

複数タグ検索時の検索方法設定

複数タグ検索時の検索方法設定

「THE THOR」の検索機能では、カテゴリーとタグを条件として利用できますが、タグについては複数選択が可能です。

例えば、下記検索フォームは「人気」と「使いやすい」の2つのタグを選択したものです。

「人気」と「使いやすい」のタグを選択した検索フォーム

「複数タグ検索時の検索方法設定」の項目では、タグを複数選んだ場合に関して、下記2つの検索方法を選択できます。

検索の種類 検索の方法
AND検索 選択した全てのタグを含んでいる記事を検索
OR検索 選択したタグを1つでも含んでいる記事を検索

「AND検索」を利用する場合、記事ごとのタグ管理が少々複雑になるので、手軽に絞り込み検索機能を利用したいのであれば「OR検索」をおすすめします。

 

検索項目見出し設定

検索項目見出し設定

「検索項目見出し設定」の項目では、検索フォームに表示される各見出しを変更できます。

例えば、下記はWordPressテーマの検索フォームとなるので、カテゴリーの見出しを「WordPressテーマ」、タグの見出しを「こだわり条件」へ変更してみました。

カテゴリーとタグの見出しを変更した検索フォーム

設定しているカテゴリーとタグに合わせ、見出しも変更してみてくださいね!
はらちゃん

 

注目キーワードを設定

注目キーワードを設定

「注目キーワードを設定」の項目では、キーワード検索ボックスの下に、おすすめのキーワードを表示できます。

例えば、下記はWordPressテーマの検索フォームに対して、「安い」「初心者向け」「機能性が高い」の3つのおすすめキーワードを設置したものです。

「安い」「初心者向け」「機能性が高い」のキーワードを設置した検索フォーム

読者に検索して欲しいキーワードがある場合に、最適な機能です。

 

設定変更後は、忘れずに「公開」ボタンをクリックしておきましょう。

「THE THOR」の絞り込み検索機能について、事前に設定しておきたい項目は以上となります。

標準で備わっている検索フォームですが、細部まで設定でき、非常に有用であることが分かりましたね!
はらちゃん

 

THE THOR(ザ・トール)の絞り込み検索フォームの設置方法

ここまでで「THE THOR」の絞り込み検索機能の初期設定は完了したので、実際に検索フォームをサイト内へ設置する方法を解説します。

「THE THOR」の検索フォームはウィジェット機能を利用し、設置する流れとなります。

 

では、検索フォームの設置方法を見ていきますが、サイドバーへ設置する例で見ていきましょう。

最初に、WordPressのダッシュボードから「外観 > ウィジェット」をクリックします。

外観 > ウィジェット

 

次にウィジェットの操作画面で、「[THE]絞込検索」をクリックし、サイドバーエリアへ追加します。

「[THE]絞込検索」をサイドバーエリアへ追加

 

サイドバーエリアへ追加後、タイトルを入力し、保存ボタンをクリックしましょう。

タイトルは任意ですが、「検索」や「Search」としているサイトをよく見かけますね。

保存ボタンをクリック後、サイドバーに検索フォームが追加されていれば、設置完了となります。

検索フォームの設置確認

 

サイドバーへ検索フォームを設置する方法でご紹介しましたが、「THE THOR」には10種類のウィジェットエリアが用意されています。

他にどのようなウィジェットエリアに検索フォームを設置できるか、詳細を知りたい方は下記記事でご紹介します。

関連記事THE THOR(ザ・トール)ウィジェットのパーツ・エリア詳細を解説!

よろしければご覧ください。

 

THE THOR(ザ・トール)の絞り込み検索機能まとめ

「THE THOR」の絞り込み検索機能の設置方法について、ご紹介しました。

フリーキーワードでの検索に加え、カテゴリーとタグでも検索を可能とした高性能な機能となっています。

それでいて、初期設定や設置方法も簡単なので、「THE THOR」の中でも非常におすすめの機能です。

ただし、タグは記事ごとに自由に追加できるので、絞り込み検索機能を利用される方は、各記事のタグの付け方も考慮するようにしましょう。

「THE THOR」の絞り込み機能を利用し、読者ファーストのサイトに仕上げてみてくださいね!
はらちゃん
 

-THE THOR

© 2020 アフィリエイトゼミ