WordPress

【WordPress】おすすめのパーマリンクの設定と変更手順を解説

WordPressのパーマリンクとは?

WordPressを使用してサイト運営を始める上で、必要となるのがパーマリンクの設定です。

サイトには多くの設定がある中、意外と適当に設定しがちなパーマリンクですが、最初の設定は非常に重要となります。

ということで、今回はパーマリンクの設定と、その変更手順を解説していきます。

サイト運営初心者の方は、要チェックです!

 

WordPressのパーマリンクとは?

WordPressのパーマリンクとは?

パーマリンクと言いますが、そもそもパーマリンクとはどういう意味なのでしょうか?

パーマリンクとは、ブログにおける記事(投稿ページ・固定ページ)やカテゴリー、ランディングページなど、WebページのURLのことを言います。

アドレスとも言いますね。

 

例えば、本記事のURLは「https://shop-hi-mall.com/wordpress-permalink/」となっていますが、このURL全体がパーマリンクとなります。

パーマリンク

 

ちなみにですが、パーマリンクとよく似た言葉として、「スラッグ」と呼ばれる用語があります。

スラッグとは、URLの末尾部分を意味する言葉で、本記事の場合スラッグは「wordpress-permalink」となります。

スラッグ

 

よく混同されがちな言葉ですが、覚えておきましょうね。

 

パーマリンクの6つの設定!SEOの観点からおすすめはどれ?

WordPressのパーマリンク設定には、下記6つの設定があります。

6つのパーマリンク

 

あらかじめ設定したパーマリンクにより、URLは下記のように変更されます。

設定 パーマリンクの意味と例
基本 自動で連番が振られる。
例:https://shop-hi-mall.com/?p=123
日付と投稿名 投稿日(年・月・日)と投稿名で構成される。
例:https://shop-hi-mall.com/2020/06/23/wordpress-permalink/
月と投稿名 投稿日(年・月)と投稿名で構成される。
例:https://shop-hi-mall.com/2020/06/wordpress-permalink/
数字ベース 投稿IDで構成される。
例:https://shop-hi-mall.com/archives/123
投稿名 投稿名のみで構成される。
例:https://shop-hi-mall.com/wordpress-permalink/
カスタム構造 独自の設定ができる。

 

6つのパーマリンク設定がありますが、おすすめはどれなのでしょうか?

1番おすすめのパーマリンク設定は、「投稿名」です。

パーマリンクは見たらどのような記事の内容なのか、分かるのが理想と言われています。

 

まず、「基本」と「数字ベース」はローマ字入力ができないので、パーマリンクとしてはあまり向いていません。

また、「日付と投稿名」や「月と投稿名」には任意のローマ字を入力できますが、URLから情報が古いと判断される場合があります。

例えば、本記事のURLが「https://shop-hi-mall.com/2018/06/23/wordpress-permalink/」となっていた場合、「この記事の情報は古い?」と思ってしまいそうですよね。

読者に古い情報と判断されるとサイトの離脱にも繋がってしまい、非常に勿体ないです。

よって、1番のおすすめはシンプルかつ任意のローマ字を入力できる「投稿名」となります。

 

ちなみに、Googleでも以下の通り、シンプルなURL構造を推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

また、どのようなコンテンツかパーマリンクで分かることも推奨されていますね。

SEOも考慮すると、パーマリンクは「投稿名」がおすすめとなります。

 

パーマリンクの設定方法を画像付きで解説

おすすめのパーマリンクの設定をご紹介したところで、次にWordPressのパーマリンクの設定方法を見ていきましょう。

 

step
1
パーマリンクの設定画面へ遷移

最初に、WordPressのパーマリンク設定画面へ遷移します。

WordPressのダッシュボードから、「設定 > パーマリンク設定」と進みます。

設定 > パーマリンク設定

 

step
2
パーマリンクの設定・登録

パーマリンクの設定画面から、「投稿名」を選択します。

「投稿名」を選択

 

選択後、「変更を保存」をクリックして設定を完了します。

「変更を保存」をクリック

 

step
3
パーマリンク設定反映の確認

最後に、パーマリンクの設定内容が反映されていることを確認します。

記事の投稿画面から下記のように、投稿名だけがパーマリンクとして表示され、設定できることをチェックしましょう。

パーマリンク設定反映の確認

パーマリンクの設定は以上です。

 

WordPressのパーマリンク設定方法まとめ

今回はWordPressのパーマリンク設定方法について、ご紹介しました。

パーマリンクはURLのことであり、おすすめの設定は「投稿名」となっています。

このパーマリンクは後から変更することも可能ですが、WebページのURLが変わってしまい、SEO的にもよくありません。

また、他にもリダイレクト設定など、面倒な作業も発生してしまうので、必ず最初のうちに設定しておきましょう!

-WordPress

© 2020 アフィリエイトゼミ Powered by AFFINGER5