WordPress

WordPressのSSL化とは?ブログ初心者がやるべき設定方法を解説

アイキャッチ画像

ブログ運営を初めてするという方の中で、

「ブログはSSLを有効にし、https化しなければならない」

というのを聞いたことがある方もおられるでしょう。

しかし、「SSLって何?」と疑問に思われた方が多いのではないでしょうか?

本記事では、ブログ運営で大切な「SSL化」について、そしてWordPressでSSL化する方法をご紹介します。

 

 

ブログ運営で必要なSSLとは?

SSLとは簡単に言うと、安全にWebページを閲覧するための技術となります。

例えば、当サイトのURLは「https://shop-hi-mall.com/」となっていますが、注目すべきは先頭の「https」の部分です。

当サイトのURL

 

サイトのURLには「http」と「https」があり、「s」がついていればSSL化されていることになります。

これがWordPressは初期設定の状態では「http」となっているので、「https」への変更が必要です。

 

では、SEOの観点から、SSL化をすることには意味があるのでしょうか?

2014年にGoogleが発表した内容によると、サイトのSSL化は検索順位に反映するとされています。

 

しかし、もちろんSSL化したからといって、記事の順位が大幅に上がるわけではありません。

SSL化すると読者が安全に記事を閲覧できるので、信頼されたページと判断してもらうためにも、最低限必要な設定と覚えておきましょう。

 

レンタルサーバーの無料SSLを利用する方法

ブログ運営にはSSLが必須ということをご紹介しましたが、通常SSL化には料金が発生します。

しかし、主要のレンタルサーバーであれば、追加料金なしで、無料でSSLを利用できます。

 

主要レンタルサーバーの無料SSLを利用する方法については、各公式サイトにも記載されています。

無料SSL化利用手順

 

まずはこちらの手順を踏み、レンタルサーバーのSSL設定を済ませましょう!

特に何も考えず、手順の通り設定するだけで問題ありません。

 

WordPressでSSL化する方法

ここまでレンタルサーバーでSSL化が必要なことをご紹介しましたが、最後にWordPress側でも設定が必要になります。

レンタルサーバーの設定だけでは不十分なので、以下の手順も必ず行いましょう。

 

step
1
WordPressの一般設定に遷移

まずWordPressにログインし、「ダッシュボード > 設定 > 一般」をクリックします。

ダッシュボード > 設定 > 一般

 

step
2
URLの変更

一般設定の画面を見ると、WordPressアドレスとサイトアドレスが「http://~~~」となっています。

URLが「http」

 

ここを、「https://~~~」に変更します。

「https」に変更

 

アドレスの変更が完了すれば、「変更を保存」をクリックします。

変更を保存

 

step
3
SSL設定反映の確認

最後に自分のサイトへ「https://~~~」でアクセスできることを確認しましょう。

「https」でアクセス

 

サイトのSSL化については以上となります。

運営開始後であっても、SSL化させることは可能です。

しかし、「http」から「https」へ変わると、URLが変更される扱いとなり、SEO面でもあまり良くありません。

必ずサイト立ち上げ直後に行いましょう。

 

WordPressのSSLまとめ

ブログ運営開始時に必ずやっておきたい、WordPressのSSL化について、ご紹介しました。

ブログをSSL化することは、SEO面から有効であり、また読者の信頼を得ることにも繋がります。

しかし、WordPressの初期状態はSSL化されていないので、ブログ初心者の方は気付かず、後から設定するケースが多いです。

設定手順としては非常に簡単なので、最初に必ず済ませておきましょう。

 

-WordPress

© 2020 アフィリエイトゼミ