WordPress

WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミは?実際に使用したレビュー!

JIN(ジン)
悩める人

WordPressテーマ「JIN」はブログ初心者向けって聞いたことがあるけど、本当に使いやすいのだろうか。

と疑問を抱えている方はおられるのではないでしょうか。

本記事では、「JIN」の良い評判、悪い評判を包み隠さずご紹介します。

 

本記事の信頼性

私は、「JIN」を含め有料テーマを4つ使用し、複数のサイトを運営しています。

4つの有料テーマ

使用中のWordPressテーマ

  • STORK(ストーク)
  • AFFINGER5(WING)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • JIN(ジン)

 

長期間ブログ運営を行ってきた観点から、「JIN」の評判・口コミだけでなく、メリット・デメリットもご紹介します。

本記事を読み終えることで、「JIN」が本当にあなたに最適なWordPressテーマであるかがわかります。

では、本記事の内容を見ていきましょう。

 

WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミ

WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミ

それでは、早速WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミを見ていきましょう。

なお、良い評判・悪い評判に分けているので、両方とも必ずチェックしておきましょうね。

 

悪い評判・口コミ

スマホの表示が崩れる

「JIN」はレスポンシブデザインに対応しているので、スマホ表示がおかしくなることは基本的にありません。しかし、プラグインやカスタマイズの影響により、一時的に表示が崩れる可能性もあります。
はらちゃん

 

料金が高い

「JIN」の価格としては、有料WordPressテーマの相場と同じくらいです。しかし、10,000円は超えてくるので、決して安い金額ではないですね。
はらちゃん

 

カスタマイズ項目が多くて使いにくい

初心者向けのWordPressテーマではありますが、それでも十分すぎるほどの機能が揃っています。逆に、それが使いにくいという口コミも挙がっていますね。
はらちゃん

 

読み込み速度が遅い

読み込み速度に関して否定的な口コミはそれほど多くありませんでしたが、一部速度が遅いという評価もありました。SEOに影響するほどではありませんが、このような口コミがあることも押さえておきましょうね。
はらちゃん

 

良い評判・口コミ

圧倒的に使いやすいWordPressテーマ

一番良い口コミとして多かったのが、使い勝手が良いというもの。ブログ初心者の方に頻繁に取り上げられるWordPressテーマだけのことはありますね!
はらちゃん

 

デザインがおしゃれ

「JIN」のデザインはシンプルですが、どこか惹かれる見やすい設計となっています。
はらちゃん

 

楽しくサイト運営ができる

ブログ運営は楽しくなければ、作業の意識が強くなり継続も難しくなります。その点、「JIN」はおしゃれなサイトや記事に仕上げられるので、楽しくブログ運営ができますよ!
はらちゃん

 

時間の節約になる

「JIN」は無料WordPressテーマに比べると操作性やカスタマイズ性能が非常に良いので、サイトの構築も簡単にできます。
はらちゃん

 

サイトの回遊率が高まった

「JIN」には回遊率を上げる、つまり他の記事へアクセスを促すための機能が揃っています。読者がサイトから離れにくい工夫が凝られされていますね。
はらちゃん

 

複数サイトで利用できる

複数のサイトを立ち上げる予定のある方に、「JIN」は特におすすめです!
はらちゃん

 

WordPressテーマ「JIN」の基本情報

JIN

「JIN」の基本情報
テーマ名称 JIN(ジン)
初心者おすすめ度
サイト全体のカスタマイズ性能
記事装飾機能
速度
デザイン おしゃれ・シンプル
AMP対応
複数サイト
SEO対策
レスポンシブデザイン
価格 14,800円(税込)
公式サイト https://jin-theme.com/

「JIN」と言えば、ブログ界では有名なひつじさんが作成したWordPressテーマです。

公式サイトが利用を推奨しているターゲットユーザーとしては、下記の通りです。

ターゲットユーザー

  • 初めてブログ運営を始める方
  • プラグラミングの知識はないが、おしゃなサイトを作りたい方
  • 複数サイトで利用できるライセンス形態が良い方

 

やはりメインとなるのは、ブログ初心者の方におすすめという点でしょう。

何故なら、「JIN」の設計は非常にシンプルなので、初めてWordPressを使う方でも直感的に操作がしやすいからです。

詳細については、後ほどご紹介していきます。

 

WordPressテーマ「JIN」を利用するデメリット

WordPressテーマ「JIN」を利用するデメリット

まずは、「JIN」を利用する上でのデメリットを見てみましょう。

私が実際に使用して感じたデメリットをありのままご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

 

デメリット1:デザインが似通ってしまう

「JIN」はおすすめのWordPressテーマとして、多くのサイトで取り上げられるほど人気のテーマです。

ユーザーも非常に多く、利用しているサイトも頻繁に見かけるようになりましたが、その分似通ったサイトを見かける機会も増えました。

 

「JIN」はカスタマイズ項目も豊富に揃っているので、サイトを作り込めばデザインが似通ることもありません。

しかし、当サイトで利用しているWordPressテーマ「AFFINGER5」など多機能なテーマに比べると、細部までカスタマイズを行えるわけではありません。

例えば、「AFFINGER5」の場合、カラーのカスタマイズだけでも下記のように豊富な項目が揃っています。

「AFFINGER5」のカラーカスタマイズ画面

 

ここまでの設定項目が「JIN」に備わっているわけではないので、デザインが似通ってしまう原因の一つでもあります。

簡単にサイト設計は可能ですが、細部までカスタマイズを行いたい方は、別のWordPressテーマも見てみておきましょう。

関連記事【限定特典付きレビュー】AFFINGER5を2年使用して感じたメリット・デメリット

 

デメリット2:サイト表示速度が高速ではない

「JIN」はサイトの表示速度について、指摘されるケースが時折あります。

その理由の一つとなるのが、AMPとPWAが搭載されていないからです。

AMP・PWAとは?

Googleが推奨するサイトを高速表示させるための技術です。

 

もし、サイトの表示速度が遅くなれば、プラグインの導入が必要となる場合もあります。

「JIN」は度重なるアップデートにより、AMP・PWA非対応でも高速表示が実現されつつありますが、口コミでもご紹介しました通り速度を指摘する声もありますので、ご注意ください。

 

なお、AMPとPWA両方に対応したWordPressテーマは非常に少ないですが、高速表示に対応したテーマが良いという方は、「THE THOR」がおすすめです。

表示速度が速いと有名なWordPressテーマですよ。

関連記事THE THOR(ザ・トール)の限定特典付きレビュー!初心者が使いこなすのは難しい?

 

デメリット3:多くのプラグインの導入が必要

「JIN」の標準機能で足りないものを補うため利用するのがプラグインです。

WordPressテーマによって必要なプラグインは異なってきますが、「JIN」にはプラグインで補わなければならない機能も多くあります。

例を挙げると、下記のようなプラグインです。

必要なプラグイン

  • お問い合わせフォーム設置プラグイン
  • 速度改善プラグイン
  • 表作成プラグイン
  • XMLサイトマップ作成プラグイン
  • HTMLサイトマップ作成プラグイン
  • セキュリティ対策プラグイン

 

一見必要なプラグインは多いですが、SEO系プラグインや人気記事表示系プラグインの導入は不要です。

とは言っても、最初にひと手間発生してしまうので、デメリットとしてご紹介しておきます。

 

WordPressテーマ「JIN」を利用するメリット

WordPressテーマ「JIN」を利用するメリット

次に、「JIN」を利用するメリットを見ていきましょう。

他のWordPressテーマにはないような特徴も多くあるので、要チェックですよ。

 

メリット1:豊富なカスタマイズ機能

有料のWordPressテーマを選定する上で必ずチェックしておきたいのが、備わっているカスタマイズ機能の豊富さです。

何故かと言うと、カスタマイズ機能が多ければ多いほど自分好みのサイトに仕上げられ、かつGoogleが求める独自性のあるサイトにもできるからです。

ここでは、「JIN」を利用する上でおすすめのカスタマイズ機能をいくつかご紹介します。

 

コンテンツスライダー

最初にご紹介するのが、トップページに設置できるコンテンツスライダーです。

イメージを付けて頂くためにも、下記アニメーションをご覧ください。

コンテンツスライダーのアニメーション

トップページにおしゃれなスライダー形式で、おすすめの記事を表示できます。

なお、コンテンツスライダーを利用するメリットとしては、下記の通りです。

コンテンツスライダーのメリット

  • 動くアニメーションで読者の目に留まりやすい
  • サイト内の回遊率が上がる
  • 少ないスペースで多くの記事を紹介できる
  • おすすめの記事を表示できる
  • おしゃれなサイトに仕上げられる

最近では、標準機能として搭載しているWordPressテーマも増えてきている、「JIN」の人気機能の1つです。

 

ランキング

ブログ運営をするのであれば、しっかり収益をあげたいとお考えの方も多いでしょう。

収益をあげるためには、アフィリエイトを実践することになります。

アフィリエイトは記事を上位表示させるのも当然大事ですが、読者に商品・サービスを購入してもらえるようなの紹介も大切です。

 

アフィリエイトで有効と言われているのが、ランキングです。

ランキングを見ると購買意欲も高まるので、アフィリエイトを実践する上では必要不可欠ですが、WordPressテーマによってはプラグインを使用しなければならないものもあります。

その点、「JIN」では標準で下記のようなランキングを作成できます。

「JIN」のランキング

WordPressのダッシュボードから簡単に作成でき、なおかつアフィリエイトリンクとレビュー記事へのリンクを横に並べることもできます。

効率良くリンクへアクセスを誘導したい方に、最適な機能となっています。

 

SNSシェアボタン

ブログへのアクセス流入は検索のみではありません。

2020年5月に行われたGoogleのアップデートにより、個人ブログが軒並み淘汰されているので、近年SNSからのアクセス流入に注目が集まっています。

Twitterのユーザー数でいくと、2018年10月時点で4,500万人と言われており、SNSで記事を拡散されるのも重要な時代となっています。

 

そのような中注目したいのが、「JIN」に備わっているSNSシェアボタンです。

SNSシェアボタン

TwitterやFacebook、LINEなど主要SNSの拡散ボタンを記事上だけでなく、記事下に配置することも可能です。

記事下に配置すれば、読者が記事を読み終えた次の行動として、SNS上での拡散を促せますね。

プラグインで実装しなければならないWordPressテーマもある中、「JIN」ではSNSシェアボタンを標準機能で設置可能です。

 

ランディングページの作成

まずは、下記をご覧ください。

「JIN」のランディングページ

 

これは「JIN」で作成されたランディングページです。

ランディングページとは、縦長のレイアウトとなっているページであり、商品の紹介ページやリスティング広告などで使用されます。

 

ランディングページを標準で実装しているWordPressテーマは多いですが、中にはプラグインを必要とするテーマも存在します。

また、メルマガやPPCアフィリエイトを実践しない方は利用の機会が少ないかもしれませんが、1つの有用な機能となりますので、ご紹介しておきます。

 

多彩な記事装飾機能

私が選定ポイントとして重要視しているのが、記事装飾機能です。

例えば、当サイトで利用している「AFFINGER5」では、

ポイント

AFFINGER5はSEO対策が施された有用WordPressテーマです。

ココに注意

AFFINGER5は豊富すぎる機能が故に、構成は少々複雑なので、注意が必要です。

ココがダメ

AFFINGER5は価格が高いのが難点です。

AFFINGER5のおすすめポイント

  • 有名ブロガーの多くが利用している
  • 複数サイトで利用できる
  • アップデートが頻繁に実施されている

上記のようなボックスを記事内に挿入できます。

記事装飾機能が豊富であれば、自分好み、かつGoogleが求めるオリジナリティのある記事を作成できるので、私は特にポイントと置いています。

 

では、「JIN」ではどのような記事装飾機能があるのでしょうか?

「JIN」に搭載されている記事装飾機能は下記の通りです。

記事装飾機能

  • 解説ボックス  20種
  • 見出し 160種
  • 会話吹き出し 15種
  • マーカー 2種
  • 比較表 2種
  • ブログカード

 

記事の要所にマーカーや吹き出しを挿入することは、読者が飽きにくい記事にすると同時に、滞在時間をアップさせることにも繋がります。

もちろん、おしゃれな記事に仕上げることも可能です。

実際のショートコード使用イメージは「JIN」の公式サイトでご確認ください。

 

メリット2:ブログ初心者の方におすすめの設計

「JIN」はブログ初心者の方におすすめと言われるWordPressテーマです。

その理由としては、下記2点になります。

初心者におすすめの理由

  • 使いやすい画面設計
  • マニュアルが整備されている

それぞれ詳細を見てみましょう。

 

使いやすい画面設計

「JIN」は多種多様なカスタマイズ項目を設けていますが、画面設計は非常にシンプルとなっています。

例えば、記事中にボタンを配置する場合、

記事中にボタンを配置する方法

メニューバーの「ショートコード」をクリックすれば、階層化されたメニューが表示されます。

その中の「ボタン」メニューをクリックすれば、利用できるボタン一覧が表示されるので、利用したいものをクリックするだけでクオリティの高いボタンを記事中に挿入できます。

 

また、ボックスを挿入する場合、

ボックスの挿入

ボックスデザインのイメージも記事作成画面に表示されているので、利用したいボックスを簡単に見つけることも可能です。

視覚的にカスタマイズを行うことができ、なおかつ煩雑ではないシンプルな構成にもなっているので、ブログ初心者の方におすすめのWordPressテーマと言えます。

 

マニュアルが整備されている

有料のWordPressテーマには、操作マニュアルサイトを用意しているものが非常に多いです。

しかし、テーマによっては内容が不十分であり、操作マニュアルを読んでも理解できないこともあります。

 

例えば、WordPressテーマ「THE THOR」の場合、下記のような購入者専用のマニュアルサイトが用意されています。

「THE THOR」のマニュアルサイト

初期設定の方法や各種メニューの設定方法など、ある程度マニュアルは整備されています。

 

しかし、下記のマニュアル画面を見てみると、

「THE THOR」メインカラムに関するマニュアル画面

「THE THOR」のメインカラムに関するマニュアルとなりますが、画面説明がなく、メインカラムがサイトのどの箇所を指しているのか分からないですよね。

つまり、一度メインカラムに関するカスタマイズを適用し、どこが変更されたかチェックする必要があります。

私は「THE THOR」を1年以上使用していますが、マニュアルが整っていなかったため、購入時は設定に苦労しました。

 

一方、「JIN」のマニュアルサイトは、

エディターの使い方

エディターの使い方だけでも、ボックスやマーカーなど記事装飾機能ごとに細かく説明されています。

 

また、ボックス挿入に関するマニュアルを見てみると、

ボックス挿入に関するマニュアル

実際の画面付き、さらに色を付けたり番号付きで分かりやすく解説されています。

マニュアルが非常に丁寧に整備されている点からも、「JIN」はブログ初心者の方におすすめのWordPressテーマとも言えます。

 

なお、「JIN」のマニュアルサイトは購入していなくても閲覧できるので、一度ご覧くださいね。

>>「JIN」のマニュアルサイトはこちら

 

メリット3:デザイン着せ替え機能でおしゃれなサイトを構築

初心者の方にありがちなこととして、ブログのデザインがなかなか決まらず、記事の執筆に取り掛かれないケースがあります。

私もブログ初心者時代は、ヘッダーやフッターなど他のサイトにないようなデザインに凝りすぎて、記事の執筆を始められたのはブログ開始3週間後でした。

 

しかし、「JIN」にはデザインを決めきれない方向けに、デザイン着せ替えと呼ばれる機能があります。

デザイン着せ替え機能とは、あらかじめ用意されたテンプレートを利用することで、クオリティの高いデザインでブログを開始できる機能です。

「JIN」には11種類の無料テンプレートと、1種類の有料テンプレートが用意されています。

11種類の無料テンプレート

女性向けのゆるやかなサイトから、固めなデザインのサイトまで、幅広くデザインが用意されています。

どのテンプレートも完成度が高いので、おしゃれなデザインでサイトをブログを始めたい方、またデザインにあまりこだわりのない方にぴったりの機能です。

>>「JIN」のデザイン着せ替えテンプレートを確認する

 

メリット4:複数サイトに適用できる

ブログ運営を長期間継続しているブロガーは、サイトを複数持っているケースが多いです。

何故かというと、サイトが1つだけではGoogleの大規模アップデートが起きた際、リスクを分散できないからです。

複数のサイトがあれば、たとえ1つのサイトの順位が大幅に下がっても、他のサイトでカバーできる可能性もあります。

 

2つ以上のサイトを運営する上で気を付けたいのが、ライセンス形態です。

WordPressテーマによっては自分のサイトであっても、1つのサイトにしか適用できないテーマであれば、もう一度同じテーマを購入しなければなりません。

「JIN」と同じく初心者の方におすすめと言われているWordPressテーマ「STORK19」が、1サイトにしか適用できないライセンス形態となっています。

関連記事2年半の愛用歴!WordPressテーマSTORK19(ストーク19)のレビュー

 

しかし、「JIN」は複数サイトに適用可能なライセンス形態なので、一度購入するだけで問題ありません。

 

「複数サイト運営するつもりはない。」

とお考えの方も多いのではないでしょうか?

私も最初は同じ考えでしたが、ブログ運営を継続していると、必ずと言って良いほど2サイト目を立てたくなります。

複数サイトに適用可能なライセンスのWordPressテーマは少々価格が高くなる傾向にありますが、テーマを2つ以上購入するよりかはお得なので、ライセンス形態は必ずチェックしておきましょう。

 

ちなみに、私は最初に「STORK」を購入し、その後「AFFINGER5」を購入しました・・・。
はらちゃん

 

WordPressテーマ「JIN」をおすすめできる方・できない方

WordPressテーマ「JIN」をおすすめできる方・できない方

おすすめできる方

  • ブログ初心者の方
  • 初めて有料WordPressテーマを利用する方
  • 複数サイト運営したい方
  • おしゃれなサイトデザインに仕上げたい方
  • サイトデザインにあまりこだわりがなく、サクッと記事作成に入りたい方

おすすめできない方

  • コストを可能な限り抑えたい方
  • カスタマイズ性能を重視している方

「JIN」の一番のおすすめポイントは、やはりブログ初心者におすすめできる操作性、デザイン性、マニュアルの充実度です。

さらに、有名ブロガーが作成、使用しているWordPressテーマでもあるので、購入して失敗となることはないでしょう。

 

一方、「JIN」は価格が少々高かったり、他のWordPressテーマに比べると性能が少々劣る部分もあります。

「JIN」に対して、操作性やコスパなど何を求めているか、明確にした上で購入を検討するようにしましょう。

 

WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミ | まとめ

有料WordPressテーマの中でも特に人気の高い「JIN」について、ご紹介しました。

「JIN」はブログ初心者におすすめのWordPressテーマでありながら、豊富な記事装飾機能が揃っています。

また、デザイン性も評判が高いので、おしゃれなサイトに仕上げたい方にもおすすめです!

 

多くのメリットがある一方で、人気過ぎるWordPressテーマが故に、デザインが他のサイトとも被りやすいというデメリットもあります。

本記事でご紹介しましたデメリットもしっかりと把握した上で、テーマの購入を検討するようにしましょう。

>>「JIN」の公式サイトはこちら

 

なお、他のおすすめWordPressテーマについて知りたい方は、下記記事も併せてご覧くださいね。

関連記事【2020年最新版】ブログ初心者におすすめの有料WordPressテーマ6選

 

-WordPress

© 2020 アフィリエイトゼミ